台風15号 16号 進路 ヨーロッパ中期予報センター

MENU

台風15号と16号が発生

 8月15日の朝、気象庁は台風15号と16号が発生したと発表しました。現時点では日本からかなり遠い位置にありますが、この遠い位置で発生した台風は、エルニーニョで温められた海を進む事から、大きな勢力に発達する可能性があります。気象庁発表のデータ、並びにヨーロッパ中期予報センターの進路予想を元に、今後の注意点をお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

台風15号 

 台風15号はコーニーという名前です。8月15日現在はマリアナ諸島近海にあり、西北西に向かってゆっくりと進んでいます。発生したばかりなので勢力はそれほど大きくはありませんが、この先進路となる海域は海水温が高く、大きな勢力となる可能性があります。気象庁の進路予想は3日後まで発表されています。それほど位置や大きさに変化がありません。

ヨーロッパ中期予報センターの進路予想

 ヨーロッパ中期予報センターでは、この先一週間後まで進路が予想されています。この台風15号は先日台湾から中国大陸に上陸し、そして熱帯低気圧、低気圧となって日本に戻って来た台風13号よりも若干北よりのコースとなる予想が出ています。沖縄や奄美地方を中心に、日本に影響を及ぼす可能性があります。進路は23日にかけて台湾に向かっていますが、その後急激に進路を変えるような感じになっています。気圧の配置によって台風の曲がり方や進路は変化しますので、今後の情報に十分警戒するようにして下さい。

 

台風16号

 台風16号は15日早朝台風となりました。ウェーク島近海にあり西に向かって時速15キロで進んでいます。勢力はまだそれほど大きくはありませんが、日本からかなり遠くにある台風ですので、エルニーニョで温められた海域を進むことで、とても大きな勢力となることが予想されます。上に書いた15号よりは日本に近づく可能性があります。ヨーロッパ中期予報センターの進路予想によれば、今の位置から若干西に進んだ後、北西に向きを変えてそのまま日本に向かってくる予想が出ています。ヨーロッパ中期予報センターの予想は現地時刻の23日日曜日までですが、23日日曜日には小笠原諸島近辺にあると予想されています。あくまでも考えうる予想の一つですが、このように既に現時点で日本に大きな被害をもたらす可能性を秘めていますので、今後の動きに注意が必要です。

 

ヨーロッパ中期予報センターとは

 日本はもちろん、アメリカを含め全世界で気象の状況が予想されていますが、ヨーロッパ中期予報センターのデータは最もコンピューターの精度が高いと言われています。アメリカのそれよりも優れているという声が多くあります。数々の日本のテレビ番組でも参考にされるなど、近年その存在感が増しています。インターネットにサイトがあり、誰でも閲覧できるようになっており、言語は英語、台風をはじめ、様々なデーターを見ることができます。⇒こちら 23日の予想⇒こちら

 

スポンサードリンク