MENU

ダブル台風が発生 日本に接近中

 2015年8月、台風15号と16号が発生、大きな勢力となって日本に向かっています。宇宙飛行士の油井亀美也さんも自身のツィッターで各台風の宇宙からの画像を送信してくれました。15号16号共に台風としては最大級の勢力を持っています。今後の各台風の進路予想と日本における注意点などをお伝えします。油井亀美也さんのツィッターは ⇒ こちら

 

スポンサードリンク

 

双方とも最大級

 台風15号、16号共に最大級の台風と言える大きさに成長しています。時間が経過するにつれ、日本に向かって近づいてくるコースや大きさが予想しやすくなってきました。ですが、今回は2つの台風が同時に同じ規模で発生していますので、注意が必要です。まれに台風同士がくっついて一つの台風になることもありますが、これは二つの勢力に極端な差がある場合に限ります。今回、二つの台風が合体してより大きくなるということはありません。しかし、二つの台風が仮により接近した場合に、予想もつかない動きをすることがあります。その点においては特別な注意が必要です。

台風15号

 台風15号は急激に向きを変え、日本列島に向かって進路を北から北東に変えつつあります。勢力は衰えつつあるものの、大きな台風であることには変わりありません。気象庁の予報によると、23日にかけて沖縄の南までゆっくりと北寄りに進むと予想されています。更にヨーロッパ中期予報センターの予報によると、その後は日本の北九州地方をかすめたのち、朝鮮半島に向かって進路を変えると予想されています。これは、台風16号が東寄りに向きを変えたことで秋雨前線が東寄りに移動、そこへオホーツク海高気圧が流れ込むことで、16号の列島縦断をブロックするような形となる、との予想です。あくまでもヨーロッパ中期予報センターの予想ですが、沖縄地方や九州地方に影響はあるものの、最悪のシナリオとなる日本列島の縦断は避けられるかもしれません。

台風16号

 台風16号は大型で非常に強い勢力を保ち、23日には小笠原近海にあると予想されています。気象庁の予報によると、23日朝には父島に接近する予想です。仮にこの大きさで父島に接近した場合、大きな影響が予想されます。当初の予想よりもやや早めに東寄りに向きを変えています。このまま予報円通りに進めば、当初の予報程の影響はないと思われますが、台風15号が戻ってくることで思いもよらない動きをする可能性は残っています。この台風16号は東寄りに進むことで、日本に現在かかっている秋雨前線も東寄りに移動すると予想されています。その結果、日本からは秋雨前線が消え、代わりにオホーツク海高気圧が勢力を強め、涼しい風が吹き込むかもしれません。

まとめ

 あくまでも予報の一つですが、ヨーロッパ中期予報センターの進路予想によれば、二つの台風は日本を中心にして、お互いが反発し合うような形で、日本から遠ざかっていくという進路予想が出ています。⇒ こちら この見解はあくまでも予想の一つであり、繰り返しになりますが、二つの台風はどのような動きになるのかわからない、複雑な動きをする可能性があります。今後の気象情報には十分にご注意いただき、しかるべき際にはすぐに行動できるよう、万全の体制を整えるようにして下さい。

スポンサードリンク