ひるおび 秋の天気 予想 エルニーニョと景気の関係 8月26日

MENU

向こう3か月の天気予想が発表されました

 2015年、平成27年秋の天気はどうなるのでしょうか。この夏はエルニーニョの影響により多くの台風が発生、日本列島に猛暑や豪雨という被害を現在ももたらしてます。8月25日に気象庁から向こう3か月の天気予報が発表されました。その結果とひるおび8月26日放送内容から、今年の秋の天気を予想してみたいと思います。エルニーニョと景気の関係も考えてみます。

 

スポンサードリンク

 

サンマが水揚げされました

 おととい8月24日、秋の風物詩とも言えるサンマが、宮城県気仙沼漁港に水揚げされました。例年よりも6日早い水揚げです。今年はエルニーニョの影響もあったのか、台風の発生、猛暑、豪雨、落雷や突風といった激しく不安定な天気が短いサイクルで発生しました。気象庁からは向こう3か月の天気予報が発表され、秋の行楽シーズンに向けて、今後の日本の天候が気になるところです。予想するにあたって、やはり重要なのは世界的規模で発生しているエルニーニョです。エルニーニョの何たるか、現在どうなっているのかを復習し、今後の状況を見ていくことにしましょう。

エルニーニョとは

 地球の赤道付近、南米ペルー沖近海の海水温度が、例年に比べて高い事をエルニーニョと言います。エルニーニョが起こると、この近海を吹き抜ける風や雲の発生など、地球規模で普段とは違う様々な気象現象が発生し、その結果、地域によっては極端な気象が発生してしまいます。今年はこのエルニーニョが強く発生しており、例年になく早い時期から数多く発生した台風や、それに伴う猛暑や豪雨は、エルニーニョが関連していると言われています。エルニーニョが発生すると、日本の場合、夏は冷夏、冬は暖冬になると言われています。今年は台風が暖かく湿った風を運んできた影響もあり、感覚的にはもちろん猛暑ですが、お盆過ぎのこの急激な冷え込みは、やはりエルニーニョの仕業なのかもしれません。

エルニーニョの年、普通の年、での比較

 近年では2009年がエルニーニョの年でした。一方で、2013年おととしは、比較的標準に近い気象状況でした。この2つの年で比べてみる事で、今後の予想の参考となります。気温は平均すると1.8度程度低く推移しました。日照時間はかなり少なめで、野菜の生育に影響が懸念された年でした。降水量は夏から秋にかけて、やはり多かった年でした。今年も7月の初旬までは東京地方の日照時間がほんの僅かしかないという状況がありました。トリプル台風の襲来後状況は一転、群馬県館林市では39度台の最高気温が記録され、鹿児島では豪雨の被害があり、東京では8日連続で猛暑日という、連続猛暑日の記録を更新したのは記憶に新しい所です。ですが、8月26日現在はどうでしょう。東京渋谷の気温は21度、湿度は100%と、たったの数日であの暑かった頃から15度以上も気温が下がっています。これは太平洋高気圧が弱く、そのせいで北からの寒気が流れ込んでいる事が原因です。もともとはエルニーニョの影響と言えるのです。

 

各月の予想

 全体的に見るなら、向こう3ヵ月は、秋が長く、冬の訪れが遅い、という状況になりそうです。各月で見て行きます。

9月

 気温は平年並みで推移します。8月のような猛暑はありませんが、大雨に警戒が必要です。エルニーニョの影響で、太平洋高気圧が東に寄っています。秋雨前線は引き続き停滞します。万が一台風が発生してしまった際には、太平洋高気圧が弱いことから、例年より東寄りのコースを進む可能性が高くなります。台風が発生した際には、進路に警戒するようにして下さい。東日本、西日本は秋雨前線の影響を受けて雨が多く、北日本は晴れが多くなります。

10月

 全国的に、秋の移動性高気圧に覆われ、比較的穏やかな天気の日が続きます。

11月

 例年やってくる大陸からの寒気も、エルニーニョの影響でその力が芳しくありません。寒気が弱いために雨が多く気温が高い状況が続き、戻り秋雨のような感じになると思われます。全国的に高い気温で推移し、太平洋側を中心に、降水量も多くなりそうです。

エルニーニョと景気

 エルニーニョの年は景気が悪くなると言われていますが、果たしてどうなのでしょうか。2015年7月の百貨店売り上げは、あまり良い数字ではありませんでした。8月は晴れましたが、少し暑すぎて外出、レジャーを控えてしまった方も多いのではないでしょうか。この先も、もたもたとした、めりはりのない天気が続いたとすれば、やはり人の動きや消費活動も鈍くなってしまいます。9月には土曜日からはじまる5連休がありますが、雨の予想が高いのなら、予約の勢いも鈍ってしまうかもしれません。スキー場をはじめとする全国各地の冬のレジャーは、本格的な冬の寒さがあってこそです。暖冬になってしまえば、冬のレジャーの足も鈍ってしまうことでしょう。残念ながらエルニーニョと景気は悪い方向で関連付けられてしまいますが、こんな予想を吹き飛ばす、明るい話題が日本を巡って欲しいものです。

スポンサードリンク