MENU

エルニーニョの影響で冷夏になる予想

 様々なところでも言われている通り、今年はエルニーニョが発生、継続しており、強まりつつあります。気象庁のエルニーニョ監視速報でも、今後冬にかけて、エルニーニョが続く可能性が高いと言われています。エルニーニョが起きると海水温が高くなり、それが引き金となって通年とは違う様々な気象状況が発生します。台風が多い、雨が多い、豪雨や落雷、ゲリラ豪雨、突風、雹、などの気象状況は、エルニーニョと関係があるとも言われています。今年2015年の夏は冷夏気味かもしれないという予報があります。しかし、トリプル台風の発生により、とある可能性が出てきました。その気象状況は、もしかすると今年の夏の様子を大きく変える可能性があります。

 

スポンサードリンク

 

予報の中の一つの情報

 こちらにお知らせする情報は沢山の予想がある中の一つの情報です。天気を完全に予想するのは困難であり、完璧な予報はありません。今回はエルニーニョやトリプル台風の発生、梅雨前線や通年とは違う太平洋高気圧など様々な要因があります。どうなって行くのかは誰にもわかりませんが、このような予想があるということでお読みいただければと思います。

台風はもの凄いエネルギーを持っている

 台風はもの凄いエネルギーを持っています。今回で言うなら、マーシャル諸島近辺で発生した台風9号と11号は、暖かい海水温域を通り、力を蓄えて日本に近づいてきます。台風の勢力が大きくなることは警戒すべきことです。私たちは近づいてくるであろう台風の進路や勢力に注意を払わなければなりません。一方で、台風のエネルギーは激しい上昇気流を伴っています。上昇した気流はやがて地表に降りてきますが、その際に太平洋高気圧を発達させる可能性があります。トリプル台風が発生していますが、それぞれが太平洋高気圧に影響を及ぼしたとするなら、かなり太平洋高気圧の状況は変化します。現在の太平洋高気圧は、エルニーニョの影響で力が弱い上に、5月の連続台風もあり東寄りに位置しています。この太平洋高気圧がトリプル台風から力をもらい発達するなら、停滞している梅雨前線をしっかりと押し上げ、日本へ例年通りの夏をもたらしてくれることでしょう。完全に言い切れるといいのですが、台風の力や進路が今後どうなって行くのか、その台風からどのように、どの程度太平洋高気圧が影響を受けるのか、ハッキリとしたことは誰にもわかりません。エルニーニョが発生していること、台風が例年になく沢山発生していること、梅雨前線が停滞して日本に雨をもたらしていること、現在では太平洋高気圧の位置が東寄りで力が弱いこと、これらは事実であり、冷夏と予想される要因を秘めていますが、一方で台風が太平洋高気圧にパワーを与え、太平洋高気圧が発達し、例年と変わらない夏をもたらすであろう、ということも言えるのです。私たちは常に気象庁から発表されるデータや、テレビで紹介される情報の収集につとめ、冷静に対応して行くことが大切です。

 

スポンサードリンク