MENU

2015年5月 台風の発生が既に7つ

 2015年5月、台風が7つ発生しています。過去には1965年に7つ、1971年に9つ、という記録があり、この2つの年はいずれも梅雨明けが遅く、冷害になり、豪雨災害が発生した、という記録があります。2015年はどうなるのでしょうか。台風が多く発生する、ということは、気象学的にはどのように日本の夏の天気に影響するのでしょうか?こちらのサイトでは、できるだけわかりやすく、5月台風の発生と夏の気温について解説して行きたいと思います。

スポンサードリンク

台風の風が時計と逆回りである理由

 日本に影響をもたらす台風は、フィリピンの沖で発生します。台風は水温が28度以上になると発生しやすくなります。地球は自ら自転していますが、自転によってコリオカと呼ばれる力が発生します。このコリオカの力が作用し、風は時計と逆回りに吹くのです。決して時計回りになることはありません。

5月に台風が沢山発生してしまうと?

 台風の進路の絵を思い出してみて下さい。発生後東に向かって進みはじめた台風はとある所で急激に向きを変え、日本に向かってくる場合が多いですよね。あのラインをまず頭に描いてみて下さい。発生した台風は、左向きの渦を巻きながら移動して行きますが、移動しながら、同時に、日本に近づきつつある太平洋高気圧を時計と逆回りの風で東側に移動させてしまうのです。東とはアメリカ側です。沢山台風が発生する事によって、本来日本に張りだすべき太平洋高気圧が日本から遠ざかってしまいます。

太平洋高気圧が日本から遠ざかってしまうと?

 この現象がとても厄介なのです。本来あるべき位置よりも太平洋高気圧が東側に移動してしまうと、様々な現象が起こり日本に影響をもたらします。梅雨明けという現象は、太平洋高気圧が梅雨前線を押し上げることで完了報告がなされます。太平洋高気圧が日本から遠くにある場合は、梅雨前線を押し上げることができません。梅雨前線が停滞し続けて、梅雨が長引き梅雨明け宣言がなされない、雨が多く降る、という現象をもたらします。また、梅雨前線発生時も、高気圧の影響をあまり受けなくなるため、通常の年よりも動きが鈍くなります。梅雨時期には前線の影響をあまり受けない状態が続く反面、一転して夏には豪雨になる傾向が強くなります。沖縄は早く梅雨が明けるのが普通ですが、雨が多くなり、梅雨前線の影響を長く受けることが多くなります。

夏はどうして暑いのか?

 夏はどうして暑くなるのか?を考えてみるとよくわかります。太平洋高気圧が日本に向かって張り出してくるために、日本は気温が高くなり、灼熱の夏を迎えます。今回、5月に台風が沢山発生し、太平洋高気圧の位置がいつもの年よりも東寄りになっています。このことから、2015年の夏は、この、太平洋高気圧の日本に対する張り出しが弱いのではないかという現象が懸念されています。

2015年の夏は冷夏なのか?

 最先端のコンピューターを持ってしても、気象状況を完璧に予報することは難しいものです。ですが、過去の状況から、私たちはある程度の予想や判断を下すことができます。はじめにお話した通り、2015年のように5月に台風が沢山発生し、日本に接近、あるいは上陸した年は、いずれも梅雨明けが遅く、冷夏となり、豪雨災害が発生しています。結論付ける事はできませんが、その可能性はいつもの年よりも遥かに高い事は言えると思います。

スポンサードリンク